費用が安い事務所で自己破産の費用を抑えましょう!

費用が高くなりがちな自己破産。費用が安い事務所で自己破産にかかるお金を安く済ませましょう。

費用が安い事務所で自己破産の費用を抑えましょう! > 自己破産費用|費用を安く抑えられる事務所はどこ?

費用が高くなりがちな自己破産。費用が安い事務所で自己破産にかかるお金を安く済ませましょう。

自己破産費用|費用をなるべく抑えられる事務所選び

意外と費用が高くなってしまいがちな自己破産。
その費用は最初に払うのもかなり厳しいので、初期費用がかからずに、費用を分割できて、なるべく費用を安く済ませられるような事務所が良いですね。


自己破産の今の相場は着手金が50万円くらいです。

事務所によっては自己破産の費用がかなり安くできる事務所があります。


おすすめは、自己破産の着手金が22万5千円と相場の半額以下に抑えられる「サルート法律事務所」です。


⇒ サルート法律事務所相談はこちら




相談はもちろん無料で、初期費用はかけずに分割払いにも対応しています。

テレビCMや新聞広告をしていないので、その分費用は安く抑えられるのかもしれません。



なるべく自己破産費用を抑えようと思うのならサルート法律事務所はおすすめです。


⇒ サルート法律事務所相談はこちら
 

自己破産にはデメリットがあります。

自己破産は、税金を除くすべての借金がチャラになるという大きなメリットがあります。

しかし、その分デメリットもそれ相応にあります。


1.財産の差し押さえ
まずは、財産となるものの差し押さえです。
よく聞く話ですが、持ち家や車、生命保険などは差し押さえられて、すべて現金かされる事になります。
住宅や車などは、競売にかけられる事になり、場合によっては二束三文で売り払われることになってしまいます。


2.信用ブラックになる
自己破産は次に、ブラックリストに載ってしまうことになり、クレジットカード作成を始め、新規の借り入れが一切できなくなってしまいます。
通常は5~7年間は新規借り入れはできません。

3.官報に名前が掲載される
政府発行の雑誌の官報に名前が掲載されます。
一般の人が見ることはほとんどないので、家族や会社にばれる事はほとんどありません。
このデメリットは、ヤミ金や街金などの違法な金融業者の名簿に名前が載ってしまう事になります。
DMや電話がかかってきてしまうことがあるので注意が必要です。

4.連帯保証人を巻き添えに
連帯保証人は借金を保証する事が義務づけられています。
自分が自己破産をすることになった場合は、連帯保証人も一緒に自己破産をしてもらう事になります。

信頼関係にひびが入ってしまう可能性があるので注意が必要です。



という感じでデメリットが多いですが、借金で首が回らなくなったら自己破産という手段もアリだと思います。

自己破産をしなくても任意整理や個人再生という方法もあります。

弁護士事務所に相談すれば、自分に合った借金の解決方法を教えてもらえるかもしれませんね。


⇒ サルート法律事務所相談はこちら